FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枕詞


茜さす(あかねさす)→日、昼、紫、照る、君
秋津島(あきつしま)→大和
朝露の(あさつゆの)→消(け)、消え、おく、命
足引きの(あしびきの)→山、峰、尾の上 など
梓弓(あづさゆみ)→引く、張る(春)、射る、音、末(すゑ)
天離る(あまざかる)→日、鄙(ひな)、向かふ
天の原(あまのはら)→ふりさけ見る、富士
新玉の(あらたまの)→年、月、日 など
青丹よし(あをによし)→奈良
鯨魚取り(いさなとり)→海、浜、灘
石の上(いそのかみ)→布留(ふる)、古、降る
岩走る(いはばしる)→垂水(たるみ)、滝
空蝉の(うつせみの)→命、世、人、身 など
烏羽玉の(うばたまの)→黒、闇、夜、夢
味酒(うまさけ)→三輪
大船の(おほふねの)→頼み、たゆたふ
神風の(かむかぜの)→伊勢
唐衣(からころも)→着る、裁つ、袖、裾
草枕(くさまくら)→旅、ゆふ、仮、露、結ぶ
紅の(くれなゐの)→色、うつし心、浅
三枝の(さきくさの)→中
細波の(ささなみの)→近江、大津、志賀、なみ、寄る、夜 など
敷島の(しきしまの)→大和(やまと)、日本、世
白妙の(しろたへの)→衣(ころも)、袖、袂、雪、雲
高砂の(たかさごの)→待つ、尾の上(をのへ)
玉櫛笥(たまくしげ)→ふた、箱、み、あく など
玉の緒の(たまのをの)→長し、短し、絶ゆ、乱る など
垂乳根の(たらちねの)→母、親
千早振る(ちはやふる)→神、氏(うぢ)、宇治
露霜の(つゆじもの)→消(け)、置く、秋
飛ぶ鳥の(とぶとりの)→明日香
夏草の(なつくさの)→しげき、深く、かりそめ など
鵺鳥の(ぬえどりの)→のどよふ、うらなげ、片恋
射干玉の(ぬばたまの)→黒、髪、夜、夕べ、月、妹 など
唐棣色の(はねずいろの)→うつろい易き
柞葉の(ははそはの)→母
春霞(はるがすみ)→春日(かすが)、立つ、おぼ
春日の(はるびの)→かすが
久方の(ひさかたの)→天(あめ、あま)、雨、月、雲、空、光 など
冬籠り(ふゆごもり)→春
水篶刈る(みすずかる) →信濃
水鳥の(みづどりの)→浮き、立つ、青葉、鴨
百伝ふ(ももづたふ)→八十(やそ)、五十(い)、渡る、津
八雲立つ(やくもたつ)→出雲
山川の(やまがはの)→あさ、おと、たぎつ
夕月夜(ゆふづくよ)→暁闇(あかときやみ)、をぐら、入る
若草の(わかくさの)→夫(つま)、妻、新(にひ)、若
スポンサーサイト

雪解けて 村いっぱいの 子どもかな

苦難の生活をしていても、いつか雪が溶け、春が来て、またそこにたくさんの子どもたちが遊びまわる世界が必ず築かれていくと思います。こうやっていのちのバトンタッチをしていくのだと一茶はやさしく語りかけてくれています

荒海や佐渡によこたふ天河

夏の日本海は波も静かで「荒海」ではない。また、天の川は対岸から見て佐渡島には「横たわらない」。佐渡と本土に横たわる日本海は、芭蕉の心象風景の中では「荒海」であったらしい。それは、日蓮や日野資俊など多くの流人が佐渡に幽閉されたことによるのかもしれない。そこに「横とう」天の川は、これら流人と芭蕉とのコミュニケーションパスでなくてはならなかったのであろう

草臥れて宿かる比や藤の花

草臥(くたび)れて宿かる比(ころ)や藤の花

季語は【藤】 芭蕉が「笈の小文」(おいのこぶみ)の旅で、八木の町に宿を求めた時の俳句です。 
 今日も大和路を旅していい加減歩き疲れた。そろそろ宿に入るころだな。ふと見ると眼前には藤の花。
旅の疲れを癒してくれる花の景色にホッとした芭蕉の心境がうかがえる。
「草臥れて」なんて、何気なく発する話し言葉を使っている所がミソ。
疲れた、疲れたと云って、その辺に腰を下ろすと、目の前に今が盛りの藤の花がある。こいつあは好いや、つい顔がほころぶ。そんな情景です。
「宿かる」は「宿を借りる」と云う意味。つまり、そろそろ夕方と云う時間帯。朝から歩いていれば草臥れる時間だ。
貞享5年(元禄元年)、芭蕉45歳の句。

露の世は露の世ながらさりながら

大の子煩悩だった一茶が、生後四百日の我が子を疱瘡で亡くした時の作。
慟哭する57歳の一茶に、人は掛ける言葉もなかっただろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。