スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五十歩百歩

(ごじっぽひゃっぽ)
 梁(りょう)の国の恵王が孟子に相談しました。恵王は「私は、治めている国の人々に対して精一杯の心配りをしているつもりだ。例えば、ある土地が凶作になって苦しんでいるのを知った私は、その土地の農民を一時的に豊作の地に移したりした。そのような気遣いをしている国はどこにもない。他のどこの国よりも善政を行っているはずなのに、自分を慕って人々がこの国に集まってこないのは一体どうしてだろう。」と言いました。

 孟子が答えました。「王様は戦争がお好きなようなので、戦争をたとえにしてお答え申し上げます。味方の軍の太鼓が鳴り響いて戦いがますます激しくなり、とうとう刀と刀が直接触れあう接近戦になりました。あまりの激しさに武器を手放し、鎧・甲を脱ぎ捨てて逃げ出す者があらわれました。ある者は五十歩逃げて思いとどまり、もうひとりは百歩逃げて思いとどまったとしましょう。この時に五十歩逃げた者が、百歩逃げた者のことを『臆病者だ!』と笑ったとしたら、王様はどう思われますか。」恵王は「それは、笑ってはいけないだろう。逃げた歩数がただ百歩にならなかったというだけであって、逃げたことに変わりはない。ふたりの臆病に差はないだろう。」と答えました。

 孟子は「王様がそのことをおわかりならば、自分の国に人々が集まることを期待してはいけないということに気付いていただけるでしょうか。つまり、自分の政治を抜きにして人々が苦しんでいることを凶作のせいにするようでは、本当の意味での善政をしているとは言えないのです。それはまるで、凶器を使って人を傷つけておいて、自分ではなく凶器が悪いと言っているようなものです。農作業のことをきちんと理解してから人民がきちんと働けるようにすれば、食べきれないほどの多くの穀物が取れるようになるでしょう。沼や池で漁をするときに目の細かい網を使わないようにすれば、魚やすっぽんは食べきれないほど取れるようになるでしょう。よくよく吟味して適した時期に木を切るようにすれば、使っても使い切れないほど多くの木材を手に入れることができるでしょう。そうして、穀物や魚などが有り余るほど豊かに採れ、木材が使い切れないほど多く扱えるようになれば、人民は家族を大切に養い、死者を厚く弔って人生に心残りがないように生活するようになります。それこそが『有能な王が仁義道徳によって天下を治める政治』の第一歩なのです。」
■本質的に大きな差はない。

<例> どちらの企画も、五十歩百歩だ。
スポンサーサイト

虎視眈々

(こしたんたん)
 儒教(じゅきょう)の経典である易(えき)で用いられている占いに、六十四卦(ろくじゅうしけ、ろくじゅうしか)というものがあります。占うときの項目が64種類ありますが、その中のひとつに下あごを意味する「頤(い)」というものがあります。下あごは食べるときに動かしてからだ全体を養う大切な場所なので、「頤」には「口・養う・生活する・育てる」という意味があります。その「頤」に関して次のような解説が書いてあります。

 上の立場の人が下の立場の人を頤(やしな)うのは当然のことですが、上の人が下の人に頤(やしな)ってもらおうとするのは間違いで「凶」になります。ただし、下の者がとてもいい人だという理由で頤(やしな)ってもらおうとするならば、他の人々に夢や安らぎを与えることができるので吉(きち)になります。もし、下の人に助けてもらうことでばかにされるのではないかと心配するならば、虎が獲物をねらってじっとにらみつけているような態度でのぞむようにすれば大丈夫でしょう。
■攻撃や侵略、野望をはたすための機会をうかがっている様子。

<例> 次のチャンスを、虎視眈々と狙っている。

虎穴に入らずんば虎子を得ず

(こけつにいらずんばこじをえず)
 今から2000年以上も前の話です。中国の敦煌(とんこう)から西へ、砂漠の中を16日ほど進んだあたりにロプ=ノールという湖がありました。ロプ=ノールはタリム川末端にある内陸湖で、古代の中国人は、この湖の水が地中を通って黄河の水源になると信じていました。湖水の位置や様相がかなり変化して砂漠の中を移動するので、謎の湖として人々から“さまよえる湖”と呼ばれるようになった湖です。
 ロプ=ノールのほとりには楼蘭(ろうらん)という王国がありました。楼蘭王国はシルクロード東部の中心都市でした。世界中のいろいろな言葉が飛び交い、隊商宿の前には、ペルシアのじゅうたんや中国の絹が並べられ、夜になるとあちらこちらで酒宴が行なわれました。旅人たちは楼蘭人のあついもてなしで旅の疲れを癒していました。

 栄えていた楼蘭王国でしたが、匈奴(きょうど)に攻められて、紀元前176年にとうとう支配下におかれてしまいました。その後、漢の武帝が匈奴の討伐をはじめ、紀元前77年になると、今度は漢の属国にされてしまいました。
 ある時、漢の将軍である班超(はんちょう)が西国を巡回し、王国に立ち寄ることになりました。最初、班超たちは手厚くもてなされていましたが、ある日突然冷たい態度をとられるようになりました。不思議に思った班超が調べさせてみると、どうも匈奴からも使者がやってきているようでした。国王は漢と匈奴のどちらを味方にしたらよいか迷っているが、どうも大軍で来ている匈奴に気持ちがなびいているようだ、ということがわかりました。

 班超が部下に相談したところ、みんなが口をそろえて「将軍の判断にお任せいたします」というので、班超は決意を述べました。
 「虎が住んでいる穴(危険な場所、行為のたとえ)に入らなければ虎の子(大切なもの、めずらしいもの、貴重なもののたとえ)を手に入れることなどできない。夜のうちに、匈奴の使者がいる宿舎を焼き打ちにする以外、私たちに勝ち目はないと思う。私たちは少人数だが、相手は私たちの兵力がどれほどいるか知らないので、一気に攻めれば恐怖に襲われて混乱し、全滅させることができるはずだ。大軍である匈奴をやっつければ、迷っているこの国の王はわれわれ漢の力を恐れるようになるだろう。」

 班超たちは計画を実行して、匈奴の使者を全滅させることに成功した。どちらの臣下になるべきか迷っていた国王は漢への服従を誓うことになった、ということです。
■危険をおかさなければ大きな利益は得られない

<例> 思い切った投資をするのは、虎穴に入らずんば虎子を得ず、だからです。

呉越同舟

(ごえつどうしゅう)
 紀元前5世紀といいますから、今からざっと2500年ほど前の話です。呉という国と越という国は歴史に名を残すほどの激しい戦いを繰り返していました。

 軍隊をうまく動かすことができる人は、たとえていうならば、常山(じょうざん)に住む伝説の大蛇「卒然」のようなものです。卒然はとても強くて素早い動きをします。頭を撃とうとすると目にもとまらぬ速さで強じんな尾でやられてしまうし、尾から撃とうとすればたちまち頭が来てガブリとやられてしまう。かといって体から撃とうとすれば頭と尾が一度にかかってくるのです。結局どこを攻めてもやられてしまいどうすることもできないのです。軍隊はこの卒然のように配置して動かすことが大切なのです。
 呉の人と越の人は長年の戦いにより、お互いに憎しみあっています。しかし、たまたま同じ舟に乗り合わせて川を渡っているときに、大風にでも遭いお互いが危機になったときにはまるで左右の手のように協力し合って救いあうことでしょう。
 戦うときにたくさんの馬をつないで車輪を土に埋めて陣地をしっかり固めても、十分戦えるとはいえないのです。軍の中には勇ましい者もいれば臆病な者もいます。臆病な者が勇ましく戦えるようにするためには軍隊の動かし方を工夫しなければなりません。強い者にも弱い者にも同じように十分な働きをさせるためには地形を利用するのがよいでしょう。地形をうまく利用して兵士たちが戦うほかに道がないように配置してから軍隊をうまく動かせば、まるで強い者が手をつないでいるように全体がひとつとなって戦うことができるでしょう。
■仲がよくない者たちが、同じ場所・境遇にいること。

<例> いざというときには、呉越同舟で乗り切らねばならない。

紅一点

(こういってん)
 宋の国の王安石(おうあんせき)が大臣だったとき、翰林院(かんりんいん)の庭に柘榴(ざくろ)の林がありました。とても美しい緑の枝葉が生い茂っている中に、たったひとつだけ紅(あか)い花が咲いていました。
 それを見て、王安石は詩を詠みました。
 
   とても濃い青葉が茂る木々の中に
   たったひとつの紅い花が咲いている
   人を感動させる春の景色は
   この紅い花だけで十分だ
■男性ばかりの中に女性がひとり交じっていること。

<例> 彼女はわがチームで紅一点の存在なのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。