スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い椿白い椿と落ちにけり

本来俳句は5・7・5の字数で構成されます。
この俳句は赤い椿(6)・白い椿と(7)・落ちにけり(5)というふうに
6・7・5となっています。この6の部分が字余りの部分です。

赤い椿の木の下には赤い椿が、白い椿の下には白い椿が落ちている。 
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。