FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬蜂の死にどころなく歩きけり

「死」という語が出ているが、
まだ「死」に至ったわけではない。
それどころか必死に「生」をかかえて生きているのだ。

冬蜂はそのまま鬼城自身なのだろう。
そしてさらに言えば、鬼城はまたそのまま私たちでもあるのだ。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。