スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

露の世は露の世ながらさりながら

大の子煩悩だった一茶が、生後四百日の我が子を疱瘡で亡くした時の作。
慟哭する57歳の一茶に、人は掛ける言葉もなかっただろう。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。