FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流れ行く大根の葉の早さかな

虚子は、畑の中を流れる小川で畑から抜いた大根を洗っている光景を小川にかかる橋の上から見て、有名な大根の俳句を詠みました。

季語は「大根洗ふ」
季節は「冬」

畑から抜いた大根は、畑のほとりを流れる小川や家の前の門川で洗う。たわしや藁(わら)をしばったもので、しっかり洗いこむと乾きがよいといわれる。夕日を浴びながら、みるみるうちに真白に洗い上げていく女の仕事は、冬の美しい風景の一つである」
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。