FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一を聞いて十を知る

一を聞いて十を知る
 孔子が、弟子の子貢(しこう)に尋ねました。
 「君と顔回(がんかい)はどっちがすぐれていると思う?」

 子貢が答えました。
 「わたしの何が顔回よりすぐれているというのでしょうか。彼は一を聞けば十を知るすぐれた理解力をもっています。わたしは一を聞いて、なんとか二を理解するのが精一杯です。」

 それを聞いて、孔子が言いました。
 「そのとおりだ。まったく顔回には及ばない。師匠のわたしも君と同じように顔回には及ばないのだよ。」
■とても理解が早いこと。わずかなことから全部が理解できること、その力をもっている人。

<例> 彼女は、一を聞いて十を知るとても優秀な人です。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。