FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完 璧

(かんぺき)
 強大国である秦の昭王は、趙の国の恵文王(けいぶんおう)が持っていた「和氏の璧(かしのへき)」というすばらしい宝の玉が、欲しくて欲しくて仕方ありません。ある日、昭王は趙の国に使者を送り、「和氏の璧」と「趙の国内の15の都市」との交換を申し出ました。恵文王は、「秦の国は、いずれ我が国を滅ぼそうとしている・・」と知っていたので、昭王の申し出を信用することができません。素直に「璧」を差し出せば、都市との交換の件をうやむやにされるかもしれないし、かといって、断れば、それを口実にして一気に攻めてくるかもしれません。

 恵文王が困っていると、相如(しょうじょ)という人物が申し出てきました。「私を使者にしてください。交換条件がうまく成立すれば「璧」を置いてきましょう。交渉がうまくいかないときは、無傷のまま「璧」を持ち帰ります。」と言いました。そうして、相如は秦の都へ向かいました。

 交渉の場で相如がまず「璧」を手渡すと、昭王は大喜びしました。しかし、予想していたとおり交換条件のことは何も言わず知らん顔をしました。そこで相如は「実は、その玉には小さなキズがありまして・・」と申し出て、説明するふりをしてその「璧」をさっと手にするやいなや、部屋の後ろの柱まで一気に下がりました。「あなたは、都市との交換のつもりがないようなので、この「璧」は私が持ち帰ります!もしそれをお許しなさらないのなら、ここで私の頭もろとも柱に打ちつけて砕いてしまいますよ!」と叫びました。昭王は、相如の気迫に押されて、「璧」とともにそのまま帰国させることにしました。そうして、「璧」は完全なまま恵文王の手元に戻った、ということです。

   <参考>和氏の璧
■完全で欠けたところがないこと。

<例文> このレポートは、完璧ですね。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。